X



紗綾形(さやがた)

長く伸びた卍が繋がったデザイン。
卍は古代インドでヒンズー教の太陽神のシンボルや、仏教では釈迦の体に現れる吉祥の形とされ、
功徳円満を表す意味として仏像の胸に描かれました。
卍が中国に伝わると万の字が当てられました。長く伸ばした卍であることから「長脚万字」、
富貴が途絶えない「富貴不断頭」とされ、不断長久の吉祥文様として尊ばれたのです。
江戸時代初期に中国から輸入された織物の多くに、紗地に綾組織で卍繋ぎが織られていたことに由来しています。
紗綾形はその後、婚礼をはじめ特に女性の慶事礼装の代表的な文様として定着しました。
現代でも着物の白生地に最も多い地紋といわれ、紗綾形に四君子(梅竹蘭菊)の蘭と菊を配したものは格が高いとされています。

sayagata.jpg

組高欄

法隆寺など飛鳥時代から奈良時代の建築に見られる「卍崩しの組子」の組高欄

kumi.jpg


卍の意味

卍は日本語では「まんじ」と読む。由来は漢語の「卍字」または「万字」の音読みで、日本では佛教を象徴する記号としてよく知られ、その歴史は新石器時代以前まで遡ることができる。卍は古来より、佛教の影響が強い国々だけでなく、世界各地の人々に親しまれていたがその意味に関してもまた、さまざまな解釈があった。多くの場合は吉祥、幸運、神聖という意味で使われていたが、はっきりとした意味は分かっていない謎にみちた図柄。

6d963726ad805f839b62f130a65ff60b.jpg

82e17a379930daac1c9705180f8d41e2.jpg

58d22e8a33a6ffc1c5706c022aa67a8c.jpg

d0eb5d3e663c86d30ec74c0e4c90f4d3.jpg

x.jpg

63e4fc5913526e0523c7e173eceb20a1.jpg

b55614930ed7f9493a5012f4a2128a76.jpg